仙腸関節炎で歩けない。痛みを改善して治す為の3つの方法

仙腸関節炎で 歩くのも痛い 改善する3つの方法
あきこさん
腰が痛い。今日も仕事で歩かないといけないから嫌だなぁ・・・
さいとう
あきこさん。どうしたんですか?腰痛そうだし、なんかとても辛い顔されていますね
あきこさん
さいとう先生。そうなんです。腰が凄く痛くて。病院に行ったら仙腸関節炎って言われました。湿布と痛みどめもらったけれどもとにかく痛くて辛いんです・・・
さいとう
痛みがあるのは辛いですね。あきこさん仕事たちっぱなしでしよね?痛みが出来るだけ早く引くように対策をお伝えするので最後まで読んで下さい。
あきこさん
先生。凄く助かります。

あなたもこのように腰の痛みで悩まれてはいないでしょうか?

いろいろな治療法がある中で間違った方法とってしまうと痛みが取れないだけでなく悪化してしまう可能性があります。

今からお話しする内容は動画と文章の両方ともでご説明をしています。

痛みが強く出てしまっているのであれば今からお話しする手順を順番通りに行って下さい。

仙腸関節炎の治療方法として必ず行うべき事

アイシング

どのような怪我でも同じ対策を行っていきます。

炎症がつくものにはまず1番初めに行って欲しいことがアイシングです。

アイシングが良いのか悪いのかと言うような意見がありますが、炎症が起きているので基本的にアイシングは必須です。

炎症があったときに温めたほうがいいと言う意見もあれば、冷やした方が良い意見もありますが私の考え方では両方とも行うべきです。

アイシングは炎症を抑えるためにして、温めるものに関しては筋肉を柔らかくして自然注力を高めるということを行います。

だから両方とも行っていきます。

基本的にアイスノンよりも氷の方が効果としては高いです。

アイスノンは決してだめでは無いのですが、冷やしすぎると凍傷を起こしてしまう可能性があるのでできれば氷の方が理想的です。

もし氷がない場合はアイスノンでタオルを行ってから患部に当てる様にして下さい。

痛みがあるときには基本的にすぐに冷やし、その後は温めて血液の循環を良くし回復力を高めると言うことを行っていきます。

温めるのはお風呂が一番理想的です。

まずはアイシングで痛い部分を冷やすと言うことを1番初めに行ってください。

仙腸関節炎の痛みを取るために必要な3つの場所

立てない位の痛みがある場合に関しては大きなストレッチ方法や矯正を行うことができません。

基本全て座った状態で行っていきます。

そこで必ず行って欲しい3つの場所というのお伝えしていきます。

  • 股関節の皮膚の矯正
  • 腕の皮膚の矯正
  • お腹の前の筋肉を緩める

これら3つの場所を矯正、マッサージすることによって痛みが改善することができます。

手順に関しては上記の動画でご案内していますので必ずそちらのほうも併せてご覧になってください。

仙腸関節炎の痛みを解消する為の股関節の矯正

股関節の矯正は座ったままでおこないます。

矯正と言いましても皮膚のねじれを解消する方法となります。

なぜ皮膚をするかは後述します。

今から手順を書きますのでその順番通りに行うようにしてください。

  1. 椅子に座り足の力をできるだけ抜くようにしてください
  2. 太ももの付け根からお皿の上まで5区画に分けるようにします。
  3. 付け根から外側に向けて皮膚を捻って行きます1カ所3秒間から5秒間かけて外に捻ります。
  4. 捻る強さに関しては皮膚がよじれるような感じになればオッケーです。
  5. 膝の中心を3番目とすると4番目5番目に関しては内側に捻るようにしてください。
  6. 外側、外側、外側、内側、内側と言う手順で五個荘行っていきます。
  7. 必ず左右均等に行うようにしましょう。

以上が股関節のねじれをとる方法になります。

股関節に皮膚の矯正1 股関節に皮膚の矯正2

同じ動画ですが再度載せておきます。

仙腸関節炎の痛みを解消する為の腕の矯正

腕を矯正する場合も基本的に股関節の矯正と同じ手順で行っていきます。

右手をする場合は左手で腕をつかみ5区画に分けた部分を上3つは外側、下2つは内側に皮膚を捻ります。

中ぶらりんになっていると力が入ってしまうので、自分の足に肘を置くかもしくは机や内などに肘を置いて外に向けるように行いましょう。

基本的には股関節の矯正と同じです。

左右均等に行って下さい。

腕の皮膚の矯正1 腕の皮膚の矯正2 腕の皮膚の矯正3

 

上記2つの矯正を聞いて本当に効果が出るのか?

と思われるかもしれませんが、実はこの方法非常に効果があります。

骨の上に筋肉があり筋肉の上に皮膚があります。

皮膚がねじれると筋肉がねじれて、筋肉がねじれると骨も結果的にねじれる状態になってしまいます。

このように皮膚を矯正することによって下にある骨が直接触れなくても引っ張られる形で同時に矯正を行うことができます。

非常に効果があるので必ず行うようにしてください。

人によりますが腕の矯正をすると腰の痛みが減る方。

股関節の矯正をすると痛みが減ると言う方。

沢山ありますので、だまされたと思って一度行うようにしてください。

皮膚が正しい位置に戻ると仙腸関節の負担が減るので痛みが確実に軽減します。

あきこさん
正直私も効果あるの?と疑問に思っていました。でも、皮膚を動かすと骨まで動くというのはなんとなく納得できます。
さいとう
正直胡散臭いですよね(笑)でも私が指導させて頂いている中で症状が改善していますので一度行って欲しいです。
あきこさん
どのタイミングですればいいのですか?
さいとう
質問ありがとうございます。基本的にお風呂の中、寝る前、午前中にされるのがオススメですが、食後するじゃなければ大丈夫です。

お腹の前の筋肉を取るマッサージ方法

お腹の前には腸骨筋(ちょうこうつきん)と呼ばれる筋肉と大腰筋(だいようきん)と呼ばれる筋肉の2つがあります。

腸骨筋の画像

この2つの筋肉を緩めることによって腰の負担を減らすというのが一番の目的となります。

この2つ筋肉は腰の骨前から股関節に繋がっています。

写真のように出っ張った骨の所を中心にお腹の中側に入れるように押さえるようにしていきます。

骨盤の位置 お腹のマッサージの5箇所

立って行うと腹筋が買ってしまうので必ず座った状態もしくは仰向けで膝を立てた状態で行うようにしましょう。

その状態でお腹をの中に指を入れ込むような状態で3秒から5秒間持続的に押さえ続けていきます。

グリグリする必要はありませんので、指圧のように抑えるようにしていきましょう。

その部分から指を3本分上にずらして同じように3秒間から5秒間行っていきます。

下の写真の様な順番で行っていきます。

真ん中、上、真ん中、下、真ん中と5つのポイントを行って終了とします。

お腹のマッサージ指の押さえ方
注意

押した瞬間に痛みがでる方もいらっしゃいます。痛みを我慢せずに辛いと思った際にはすぐにマッサージは中止する様にして下さい

瞬間に痛みが出るのが分かるので その際はすぐに中止するようにしてください。

あきこさん
お腹の前はとても気持ちがいいですね。とても簡単にできるので時間見つけてやります!!

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は仙腸関節炎である方に対して辛い状態に対しての3つの対策についてお話をして行きました。

痛みが強いと歩くのももちろんそうですし、日常生活も困難になるぐらいの状態になってしまいます。

痛み止めや湿布も確かに有効なのですが、きっちり治そうと思うと根本的に負担を減らすということが重要になってきます。

もしも普段の方法で痛みが改善していないのであれば是非この方法を試してください

 

ひこばえ整骨院ができる仙腸関節炎に対する治療方法

この記事を書かせてもらっているひこばえ整骨院代表斉藤と申します。

当院では仙腸関節炎に対する治療方法をとても得意としています。

もし痛みがありなかなか改善しないのであれば、是非当院お越しください。

詳しくは下記からご覧になってください。

詳細はこちら

完全保存版33の症状に対応しストレッチ・体操大全

  症状別にまとめたストレッチ方法を無料でPDFにしてダウンロードできるようにしています。自分で検索して自分で考えてストレッチをするのはとても難しいと思います。是非症状別に行なっているストレッチ方法をご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

私は大好きな祖母の体を治したくて12歳の頃から整骨院の道を志す。 18歳から整骨院で修行をしながら、多くのセミナーや勉強会に参加する。 その中で、祖母と同じ様な症状が改善して喜んで頂ける様になる。 しかし、ここで大きな転機が訪れる。 私が23歳の時に父親が肺癌で他界。 私が治療を行いましたが、ガンに気がつけられず、見つかった時には余命1年。 涙が止まらないくらい後悔 その辛さから日々勉強を始める。 妻、子供も3人いましたが休日は全て勉強当てる。 家族の協力もあり、祖母や父の様な方を多く助ける事がでた。 自分の父や祖母と同じ様な思いをして欲しくない。 そンな思いでYouTubeを使って全国の方に向けてセルフケアの方法などを伝えている。 同時に、自身で本を執筆をして健康増進に役立つ為に情報を伝えている活動も行っている。 現在では全国から患者さんが来院する。